過払い金請求の方法とは

過払い金請求は、個人で行うことが可能です。自分で請求するメリットは、なんと言っても費用がかからないということです。

過払いの情報ならお任せください。

少々面倒ではありますが、できないことはないし経済的にも安上がりなので、実際に自分で請求する人も多くいます。

自分で過払い金請求を行う場合は、まず取引きしている(いた)貸金業者に取引履歴の開示請求を求めます。開示は内容証明で請求し、証拠を確保しておくことが必要です。



そして取引履歴が開示されたら、それを元に利息制限法に倣って利息を計算しなおします。これを引き直し計算と言います。

この計算は素人には面倒ですが、引き直し計算専用のソフトがあるのでダウンロードして活用すれば、計算も難しいことではないです。

引き直し計算をすることで、自分の借金に過払い金が生じているのか、生じているとしたら幾らの過払いがあるのかの事実確認ができます。

過払い金の事実確認が取れたら、過払い金返還請求書を作成して、内容証明で貸金業者へ郵送します。



この請求に貸金業者が応じてお金を返還してもらえたら請求は終了、返還に応じてもらえなかったら訴訟に持ち込むことになります。

訴訟まで持ち込めば確実に過払い金は返還してもらうことが可能です。

さて、一連の流れをザッと紹介しましたが、詳しくは請求の方法を紹介するサイトを参考に行うことをオススメします。


もしも自分ではできそうもないと思ったら、法律家に依頼すれば費用はかかりますが、面倒な手続きを全て行ってくれます。